ここから本文です

矢後肇県議 後援会幹部に議員辞職の意向を伝える/富山

チューリップテレビ 7/16(土) 3:06配信

 返金しなければならない政務活動費を不正に取得していた富山県議会の矢後肇議員が15日夜、議員辞職する考えを後援会の幹部に伝えました。
 矢後県議は15日夜、高岡市内で開かれた連合後援会の役員会で、職責を汚したことなどを理由に富山県議会議員を辞職する考えを伝えました。
 矢後県議は、実際は購入していない書籍を購入したかのように偽って報告し、2010年度から4年半で返金しなければならない政務活動費463万円あまりを不正に取得したことが明らかになっています。
 矢後県議はすでに県議会副議長を辞職し、県議会の自民党会派を離脱しています。議員辞職については、これまで「支持者などと協議する」として明言していませんでしたが、15日になって、ほかにも収支報告書の虚偽記載が発覚し、辞職を決断したとみられます。

チューリップテレビ

最終更新:7/16(土) 3:06

チューリップテレビ