ここから本文です

今夏ボルシアMG加入のデンマーク代表DF「ボアテングとフンメルスのコンビは世界一」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月16日(土)12時30分配信

「フンメルスは理想」

ボルシア・メンヘングラードバッハに所属するデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアはブンデスリーガトップのCBはバイエルンにいると考えているようだ。

今夏ブレーメンからボルシアMGへと移籍した23歳のヴェステルゴーア。移籍金は1400万ユーロとも伝えられており、将来性は抜群な同選手だがそれでもドイツ代表DF2人をまだまだリスペクトする立場であることを独『Sport Bild』のインタビューで話している。

「ボアテングは別の惑星のアスリートのようだ。速くてとても強い。フンメルスには試合を読む目がある。ボアテングほどではないけど、彼はクレバーだ。フンメルスは誰よりも頭の回転が速い。僕の理想のCBだよ。彼から色々学んでみたいね。総合的に考えてボアテングとフンメルスというコンビは世界一だよ」

また、移籍については「お金で決断したわけではない。僕の成長のためにどこが一番かという点で選んだんだ。プレミアリーグがブンデスリーガより良いとは思わないし、ボルシアが僕にとってはベストだったんだ」と述べた。

来季は同じくデンマーク代表のアンドレアス・クリステンセンとともにチームの最終ラインを形成することになりそうなヴェステルゴーア。ボアテング、フンメルスのコンビにも負けず劣らずのデュオを形成してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月16日(土)12時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]