ここから本文です

今夏ボルシアMG加入のデンマーク代表DF「ボアテングとフンメルスのコンビは世界一」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/16(土) 12:30配信

「フンメルスは理想」

ボルシア・メンヘングラードバッハに所属するデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアはブンデスリーガトップのCBはバイエルンにいると考えているようだ。

今夏ブレーメンからボルシアMGへと移籍した23歳のヴェステルゴーア。移籍金は1400万ユーロとも伝えられており、将来性は抜群な同選手だがそれでもドイツ代表DF2人をまだまだリスペクトする立場であることを独『Sport Bild』のインタビューで話している。

「ボアテングは別の惑星のアスリートのようだ。速くてとても強い。フンメルスには試合を読む目がある。ボアテングほどではないけど、彼はクレバーだ。フンメルスは誰よりも頭の回転が速い。僕の理想のCBだよ。彼から色々学んでみたいね。総合的に考えてボアテングとフンメルスというコンビは世界一だよ」

また、移籍については「お金で決断したわけではない。僕の成長のためにどこが一番かという点で選んだんだ。プレミアリーグがブンデスリーガより良いとは思わないし、ボルシアが僕にとってはベストだったんだ」と述べた。

来季は同じくデンマーク代表のアンドレアス・クリステンセンとともにチームの最終ラインを形成することになりそうなヴェステルゴーア。ボアテング、フンメルスのコンビにも負けず劣らずのデュオを形成してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/16(土) 12:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]