ここから本文です

映画「死霊館3」のネタになりそうなウォーレン夫妻の心霊事件簿5選

ギズモード・ジャパン 7月16日(土)21時10分配信

まだまだシリーズ化してほしい!

世界中を恐怖のどん底に陥れている「死霊館 エンフィールド事件」は、史上最長のポルターガイスト現象と言われているエンフィールド事件を描きながらも、冒頭がアミティビル事件だったり、CGIの少ない恐怖表現が鳥肌モノだったり、ウォーレン夫妻の絆の深さも感じられたりと、ホラーの楽しさがてんこ盛りの作品です。

前作のアナベル人形と同様、本作に登場する修道女をもとにしたスピンオフ「The Nun(原題)」の製作も決定し、絶好調なシリーズですが、こうなると気になるのは「3」は製作されるのかどうか? そして製作されるのだとしたら、その題材は何か?

そこで今回はBloody Disgustingがピックアップした、「死霊館」シリーズの続編のネタになりそうな、ウォーレン夫妻の事件簿をご紹介します。

悪魔にとりつかれたアーン・シャイアン・ジョンソン

アーン・シャイアン・ジョンソンは、アメリカで初めて「悪魔にとり憑かれた」ことを理由に無罪を主張しました。

1981年、コネチカット州でジョンソンは家主のアラン・ボノを殺害。彼は11歳の少年にとり憑いていた悪魔が、ウォーレン夫妻によって除霊された数日後にジョンソンにのり移り、ボノを殺させたと主張しましたが、ジョンソンの主張は受け入れられず、5年間投獄されています。

コネチカット州の呪われた家

ジェームズ・ワン監督は、アミティビル事件はこれまでに何度も映画化されてきたため、あえて「死霊館」の続編ではメインの題材にはしないと語っていました。

そのためコネチカット州の元葬儀場の家も、すでに2009年に「エクトプラズム 怨霊の棲む家」のタイトルで映画化されているので、可能性としては低いかもしれません。しかし、ウォーレン夫妻によって「悪魔が憑いている」と断言したこの家を舞台にした物語も捨てがたいです。

呪われたスマール家

1974年から1989年にかけて怪奇現象に見舞われたジャック&ジャネット・スマール夫妻。彼らは、臭いや音をはじめとするいくつもの怪奇現象を経験したと話しており、1986年にウォーレン夫妻に助けを求めました。

ウォーレン夫妻は、彼らの家が悪霊3体と悪魔に占領されていると判断。スマーフ夫妻はたびたび性暴力を受けることがあったそうですが、その原因は悪魔だったとされています。

このケースは、ロバート・マンデル監督の「ホーンテッド・ハウス」の題材にもなりました。

1/2ページ

最終更新:7月16日(土)21時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]