ここから本文です

【日米大学野球】 侍J横井監督、米国の足を使った攻撃に「日本がああいう形で勝ちたかった」

Full-Count 7/16(土) 13:05配信

バントきっかけに1勝した米国ホートン監督「ああいう攻撃がカギになる」

 第40回日米大学野球選手権第3戦。3連勝での優勝が懸かった侍ジャパン大学代表だったが、米国代表投手陣を打ちあぐね、0-1で完封負けした。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 この日、失点したのは3回。きっかけは1番フリードルのドラッグバントだった。先発を務めた宮台康平(東京大)の投げた初球を、一塁方向に転がす技ありのバント。これで出塁したフリードルは、2ボールからの3球目でこの日2個目となる二盗を決め、得点圏に進んだ。直後にケンドールが左翼線二塁打を放ち、勝敗を分ける1点が入ることになる。

 いいところなしの2連敗で東京へ移動してきた米国代表は、足を使った攻撃で突破口を見出そうと計画していた。試合後、ホートン監督は「早い段階から仕掛けたかった。フリードルの2つの盗塁はベンチの指示通り。(3回に決めた)ケンドールの盗塁は自己判断だが、ああいう攻撃がカギになる」と、まるで日本のお株を奪うかのような機動力野球で、連敗の溜飲を下げた。

 一方、第2戦を終えた後、「盗塁のサインを出してもうまく実行できていない」という話をしていた日本代表の横井監督は「今日もうまくいきませんでしたね」と渋い顔。点が取れていない米国代表が足を使ってくるであろうことは「かなり警戒はしていた」と言うが、フリードルのドラッグバントに「あそこまでいい場所に決められるとは」と敵を称えた。

「ノーアウトから走りたい(盗塁したい)けど、うちは走り切れていない。向こうは走った。その差ですね」と敗因を分析。「日本がああいう形で点を取って1-0で勝ちたかった」と悔しさをにじませた。

 今日16日は第4戦が静岡で開催される。「アメリカが目を覚ます前に決めたい」と言っていた横井監督の言葉どおり、足を絡めながら相手の隙を突く攻撃で、日本の優勝を決めてしまいたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/16(土) 13:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。