ここから本文です

飛行機に積んであるブラックボックスの中身ってどうなってるの?

ギズモード・ジャパン 7月16日(土)22時10分配信

ちなみにブラックボックスは黒じゃない!

飛行機が墜落したという悲しいニュースがあると、必ず「ブラックボックス」っていうワードを聞きますよね。でもブラックボックスって一体なんなんでしょうか。何が中に入っているものなんでしょう? そんな疑問を解決するために、ブラックボックス切っちゃいました。(ちなみにブラックボックスって色は黒じゃなくて、動画中のものはオレンジ色ですね。)

ブラックボックスはなんと摂氏982度まで耐熱可能、そして3400Gの重力まで持ちこたえることができるのです。ブラックボックスというのは、飛行機のフライトデータ(航路、速度、高度、センサーなど)、パイロットたちの会話、飛行機と管制塔のコミュニケーションなど飛行機がどうして墜落してしまったのかを辿るための大切なデータが全て記録されているものです。これらのデータをもとに飛行中に何が起こったのかを再現することができるのです。

そのデータはすべてチップに記録されています。ブラックボックスをまっぷたつに切ってみると、中身が見えてきます。その薄いチップは、ブラックボックスの分厚い何層にもなった金属の1番真ん中に柔らかい緑色のクッションに囲まれて隠されていました。この動画(https://youtu.be/pYBlDwIUp9M)では、実際にブラックボックスを空中から落としてみて実験しています。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文]
(リョウコ)

最終更新:7月16日(土)22時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]