ここから本文です

出場機会を求めて レアルを離れたカンテラの至宝メドラン「バレンシアで成功を掴みたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/16(土) 19:51配信

昨季はヘタフェでプレイ

レアル・マドリード下部組織で将来を有望視されていたMFアルバロ・メドランは出場機会を求めて今夏バレンシアへ移籍した。同選手は入団会見の場で意気込みを語っている。

メドランは「レアル・マドリード、そしてバレンシアでプレイするチャンスをくれたコーチやスタッフに感謝している。バレンシアというスペインでも有数のビッグクラブで成功を掴みたい」とコメントした。スペイン『as』が伝えている。

またバレンシアでプレイするレアル下部組織出身のダニ・パレホについては「スペインでも際立った活躍を見せるプレイヤー。いくつかのアドバイスもくれたよ」と語っている。そしてバレンシアのヘスス・ガルシア=ピタルチSD(スポーツディレクター)は同選手について「昨季ヘタフェにいたが、レアル・マドリード・カスティージャにいるころから注目していた。中盤で素晴らしいテクニックを持ち、さらに戦える選手でもある。バレンシアは常に関心を持っていた」と明かした。

現在22歳のメドランは2014年10月のレバンテ戦でトップチームデビュー。12月のUEFAチャンピオンズリーグ、ルドゴレツ戦で公式戦初ゴールを記録する。昨季はヘタフェにローン移籍で加入し経験を積んだ。中盤の底から高い精度のパスを供給し、両足が使える高い技術と守備でも豊富な運動量でチームに貢献するタイプのプレイヤーだ。バレンシアでの活躍に期待が高まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/16(土) 19:51

theWORLD(ザ・ワールド)