ここから本文です

【球宴第2戦】投手選出の日ハム大谷、打者でMVP 初本塁打含む3安打2打点「嬉しいです」

Full-Count 7/16(土) 21:19配信

DeNA井納から左中間へ豪快な一発、感触は「よかったです」

「マツダオールスター 2016」の第2戦が15日に横浜スタジアムで開催され、5-5の引き分けに終わった。先発投手としてファン投票で選出された日本ハムの大谷翔平が「5番・DH」で先発出場し、自身初のホームランを含む4打数3安打2打点2得点と活躍。MVPに選出された。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 全セは2回、先頭の筒香が横浜高の先発・涌井(ロッテ)からライトへの先制弾を放った。さらに、ビシエド(中日)、エルドレッド(広島)、川端(ヤクルト)の3連打で満塁として、鈴木(広島)がセンターへ犠飛。追加点を奪った。

 一方、全セの先発石田(DeNA)は2回無失点の好投。3回にマウンドに上がった岩貞も無失点に抑える。すると、全セは3回に全パの2番手・塚原から丸がライトスタンド上段へ運ぶ豪快弾。3-0とリードを広げた。

 4回まで無失点の全パは、二刀流右腕の一発で目を覚ます。5回、先頭の大谷が井納(DeNA)の初球を左中間スタンドへ豪快に運び、1点を返した。すると、続くレアード(日本ハム)が二塁打を放ち、浅村(西武)が2ラン。あっという間に同点に追いついた。

 7回は先頭の大谷がヒットで出塁。1死二塁となってから、今宮(ソフトバンク)がマウンド後方にポトリと落ちるラッキーなヒットと、まさかの形で勝ち越しに成功した。

 ただ、全セは直後に再び反撃。その裏、鈴木が二塁打で出塁すると、原口(阪神)がレフトオーバーのツーベース。すぐに同点に追いついた。さらに、大引(ヤクルト)もタイムリーを放ち、再び勝ち越しに成功した。

 しかし8回、全パはまたも試合を振り出しに戻す。2死一、二塁として、大谷が田島(中日)から右前打。大谷のこの日3本目のヒットで、同点に追いついた。

 その後は両チーム無得点に終わり、5-5の引き分けで終了。投手として選出されながら、マメの影響でマウンドに上がれず、打撃で存在感を見せた大谷がMVPに選出された。

 大谷は試合後のインタビューで「うれしいです」と笑顔。「自分自身もいいバッティングができました。(ホームランは)ピッチャーも代わって1球目だったので、真っ直ぐだけ狙っていきました。(感触は)よかったです。投手として選んでもらったので、マウンドで自分のパフォーマンスを見せられればいいと思ったんですけど、こういう形になってしまったので、何とか活躍したいと思って打席に入りました」と振り返っていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/16(土) 21:26

Full-Count