ここから本文です

怪物MFの早期獲得を喜ぶバイエルンCEO「EURO後だったら支払えない価格になっていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月16日(土)20時30分配信

4月中旬に獲得

バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOはEURO開幕前にポルトガル代表MFレナト・サンチェスを獲得できたことを喜んでいるようだ。

4月中旬、およそ3500万ユーロの移籍金でベンフィカから同選手を獲得したバイエルン。18歳にかける金額としては非常に高額な部類ではあったが、EURO2016での活躍を見れば、誰もがそれは法外な価格ではないことを理解できるだろう。ルンメニゲ氏はこの移籍について独『Soester Anzeiger』でコメントしている。

「もしEUROが終わった直後に彼を獲得したくても、バイエルンには支払えない価格になっていただろう。彼は18歳ながらEUROという舞台で並外れていることを証明した。驚くべき才能を持っているね」

今夏加入したばかりでいまだバイエルンの練習に参加すらしていないレナト・サンチェスだが、すでにマンチェスター・ユナイテッドなどが再び獲得に動き出しているという噂もある。彼の周りが静かになるのには少々時間がかかりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月16日(土)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。