ここから本文です

これで守り切れるのか モウリーニョが考えるCBペアはスモーリングと……

theWORLD(ザ・ワールド) 7/16(土) 20:40配信

サポーターからは不満の声も

ラファエル・ヴァランやマッツ・フンメルスなどワールドクラスのセンターバック獲得が期待されていたマンチェスター・ユナイテッドだったが、今夏やってきたDFはエリック・バイリーだった。バイリーもセルヒオ・ラモスのような選手と称えられるなど、ポテンシャルは確かだ。しかし、名前を聞いたこともなかったマンUサポーターにとっては少しばかり残念に思えたかもしれない。

しかも、指揮官のジョゼ・モウリーニョは昨季怪我などの影響もあって出場機会が少なかったDFフィル・ジョーンズへの信頼を口にしている。英『METRO』によれば新シーズンのマンUはクリス・スモーリングとジョーンズのセンターバックコンビで戦うという話も出ており、これにサポーターからはさらなる不安の声が挙がっているという。

スモーリングはイングランド代表の主力DFになるほど成長を遂げた選手だが、ジョーンズとのコンビでプレミアリーグの各クラブの攻撃を抑え込めるかは少々疑問が残る。サポーターからはもっとハイレベルなセンターバックを確保してほしいとの声も出ており、このペアに満足している者はそれほど多くない。

モウリーニョはバイリーをサイドバックで起用する案も持っているため、このままいけばジョーンズがセンターバックに入る可能性は十分に考えられるだろう。就任1年目からのリーグ優勝も期待されるモウリーニョのチームをスモーリングとジョーンズのペアで支えることができるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/16(土) 20:40

theWORLD(ザ・ワールド)