ここから本文です

【日米大学野球】米国代表、移動バスが追突されるハプニングも白星で勝敗タイに戻す

Full-Count 7月16日(土)23時8分配信

東京→静岡に移動中、サービスエリアで車が追突

 第40回日米大学野球選手権第4戦が16日、静岡県草薙総合運動場野球場で行われ、アメリカが0-0で勝利し、対戦成績を2勝2敗の5分に戻した。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 まさかのアクシデントもはねのけた。この日の午前中に東京から静岡へバス移動した一行は、休憩のため途中のサービスエリアに立ち寄った。その時、一行が乗った大型バスに衝撃が走った。なんと停車したバスに一般車が追突。追突した車はバンパーが大破したが、幸いバスは無傷だった。それでも事故処理のため1時間以上も立ち往生し、静岡到着は大幅に遅れてしまった。

 だが、試合運びは冷静そのものだった。先発ライトが4回を無失点に抑える力投を見せると、今大会あまり元気のなかった打線が目覚めた。

 2回に日本代表のミスに乗じて2点を先制すると、4回には連打と死球で無死満塁とすると、代打ヒウラの打席に暴投で1点を追加。1死後に8番スコウグが右翼ポール付近に3ランを叩き込むなど、この回に一挙6点を挙げた。8回には2死一塁から1番フリードルが右翼へ2点本塁打を叩き込み、ダメ押し点。ホートン監督は「今日の勝利は攻撃につきる。打席で我慢強く、かつ積極性を持っていけたことがカギだった」と勝利を喜んだ。

 来日前は台湾遠征を行っていた米国代表は、19日に帰国し、その3日後にはキューバ遠征に出掛ける強行スケジュールの真っ只中。ホートン監督は「明日は両チームともエース級の投げ合いで、スコアボードに“0”が並ぶだろう。大きなチャレンジにはなるだろうが優勝して終わりたい」と2大会ぶりの優勝に意欲を燃やした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月16日(土)23時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]