ここから本文です

衣冠束帯試着し笑顔 阿夫利神社で交流海外大学生

カナロコ by 神奈川新聞 7月16日(土)8時3分配信

 ノルウェー、スウェーデン、スイスなど8カ国の大学生らが伊勢原市を訪問し、日本文化を学びながら市民と交流を深めている。

 一行は熊本県のNPO法人「ワールドキャンパスインターナショナル」の招きで来日した22人。全国3都市に3週間ずつホームステイし、市民グループ「Challenge!国際交流in伊勢原」が受け入れた伊勢原には、14日から20日まで滞在している。

 15日は市立大山小学校で児童と交流。午後には大山阿夫利(あふり)神社に参拝して神社の歴史や風習を学び、納め太刀を手にしたり神職の衣冠束帯を試着したりして楽しんだ。17日は夏祭りに参加する。

 6回目の訪日というノルウェーの大学院生エスペン・ニールセンさん(25)は「阿夫利神社では江戸時代の旅人の気持ちが感じられた」と話した。

最終更新:7月16日(土)8時3分

カナロコ by 神奈川新聞