ここから本文です

「好調だったアロンソ、3つの要因が入賞を遠ざける」:英誌全ドライバー評イギリスGP編

オートスポーツweb 7月16日(土)8時5分配信

 英AUTOSPORTが2016年第10戦イギリスGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。今回は最高点10点がふたりに与えられた。

2016年F1第10戦イギリスGP ハミルトン、群がる観客に“ダイブ”

 この企画は英AUTOSPORTが数年前から行っているもので、各グランプリにおいてすべてのドライバーに関して主に予選と決勝のパフォーマンスを評価し、さまざまなソースから得た情報を加味して採点する。

■本領発揮のハミルトンとキャリアベストのフェルスタッペン

 10点と評価されたのは、メルセデスのルイス・ハミルトンとレッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

 
 ハミルトンは母国グランプリでポール・トゥ・ウインを成し遂げた。

「ハミルトンが本領を発揮したレースだった。予選ではQ3の最初のラップをトラックリミットの違反で取り消され、本人いわく『苦労して』ポールを手に入れた。次のアタックでQ2ベストからわずか0.044秒遅れのラップタイムで、ニコ・ロズベルグに勝ってみせた」と寸評には記されている。

「序盤に出動したセーフティカーが戻ると、あっという間に後方を引き離し、その後はそのギャップをうまくコントロールして走った。アビーで少しコースを外れる場面もあったが、何の影響もなく、圧倒的な強さだった」


 フェルスタッペンは3番グリッドから3位でフィニッシュ、ロズベルグのタイムペナルティにより2位に繰り上がった。

「予選でダニエル・リカルドに勝つために努力していると言っていたが、今回チームメイトに勝ってみせた。すべてのセクターでリカルドを上回り、コンマ3秒の差をつけたのは見事だった」

「決勝の走りも素晴らしかった。最初のピットストップのタイミングもよく、湿った路面のコンディションの時にロズベルグをオーバーテイク、ドライでも卓越したテクニックで彼を長い間押さえつけて走った。彼のF1キャリアの中でベストレースといっても過言ではないだろう」


■マクラーレン・ホンダ:Q3進出のアロンソをバトンが決勝で凌ぐ

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは9番グリッドからスタート、3回ストップで13位に終わった。アロンソは7点と評価されている。

「アロンソは今週末非常に好調であると、レーシングディレクターのエリック・ブーリエが言っていたとおり、Q3でトラックリミットを超えてタイムを取り消されなければ(7位の)バルテリ・ボッタスのすぐ後ろの位置に来ていたはずだった」

「ウエットコンディションで競争力を発揮したアロンソだが、ピットストップで順位を落とした。それでも入賞を目指して粘り強く戦い続けたものの、アビーで大きなコースオフを喫し、チームメイトの後ろの位置でフィニッシュする結果になった」


 バトンは17番グリッドから12位でフィニッシュした。評価は6点となっている。

「ここではバトンはアロンソのレベルには届かなかった。その上、予選でリヤウイングのエンドプレートが外れるというトラブルが起き、Q1で敗退した」

「決勝ではいつもどおり堅実で安定性のある走りを披露。インターミディエイト装着時にはボッタスに引っ掛かり、スリックに交換しボッタスが後退した後は、アロンソに匹敵するペースで走った」


■予選、決勝ともにまとめられなかったベッテルが最低点

 今回の最低点4点が与えられたのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとマノーのパスカル・ウェーレインだった。


 ベッテルはギヤボックス交換による降格で11番グリッドからスタート、9位を獲得した。
「Q3をうまく戦うことができず、ウイリアムズに辛勝するにとどまった」
「決勝でもスピンをし、マッサをコース外に押し出したことでペナルティを受け、強さがなかった。フェラーリがトロロッソ1台、フォース・インディア2台の後ろでフィニッシュするべきではない」


 ウェーレインは20番グリッドからスタートしリタイアを喫した。
「ピレリタイヤをうまく使うことができず、予選ではチームメイトに敗れた。インターミディエイトに交換して2周目にアビーで飛び出し、そこでレースを終えた」


■イギリスGP 全ドライバーへの評価点

 英AUTOSPORTによる2016年第10戦イギリスGPでの各ドライバーの点数は以下のとおり(10点満点)。

■メルセデス
ルイス・ハミルトン:10点
ニコ・ロズベルグ:7点
■フェラーリ
セバスチャン・ベッテル:4点
キミ・ライコネン:7点
■ウイリアムズ
フェリペ・マッサ:5点
バルテリ・ボッタス:5点
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド:6点
マックス・フェルスタッペン:10点
■フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ:7点
セルジオ・ペレス:6点
■ルノー
ケビン・マグヌッセン:6点
ジョリオン・パーマー:6点
■トロロッソ
ダニール・クビアト:6点
カルロス・サインツJr.:7点
■ザウバー
マーカス・エリクソン:予選欠場のため採点対象外
フェリペ・ナッセ:8点
■マクラーレン
フェルナンド・アロンソ:7点
ジェンソン・バトン:6点
■マノー
パスカル・ウェーレイン:4点
リオ・ハリアント:6点
■ハース
ロマン・グロージャン:6点
エステバン・グティエレス:5点

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月16日(土)8時25分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。