ここから本文です

同士討ちで予定変更? メルセデス、2017年マシン開発の開始時期に悩む

オートスポーツweb 7月16日(土)14時40分配信

 メルセデスモータースポーツのトップであるトト・ウォルフは、チームは今シーズンのF1タイトル獲得を目指しながらも、同時に2017年へとリソースを割り当てるという「難しい判断」を迫られていることを認めた。

メルセデスはタイトル獲得を確実にするため、同士討ちに厳しいチーム内ルールを設定

 F1のレギュレーションは2017年に大きな変更を控えており、ウイングとタイヤの幅が前後ともに幅広になることで、ラップタイムの大幅な向上が見込まれている。いくつかのチームはすでに来シーズンへとリソースを切り替えているが、メルセデス、フェラーリ、レッドブルのようなトップチームにとっては、予算を今シーズンと来シーズンで分割すべきか否かという問題になる。

「毎週、各部署でどれだけのリソースを2017年へと切り替えるかを考えている。すでに多くが2017年に向けて動いているが、難しい判断だ。1月か2月、今年のマシンがサーキットを初めて走ったような非常に早い段階で、2016年の開発を終了したチームもあると思う。(開発の)序盤では習熟曲線は急カーブを描くので、これはアドバンテージになる。また(開発期間が)2~3週間足りないだけでも、最終的に大きな違いを生む。だからこそ、毎週自分たちに(切り替えの時期を)問いかけることが重要なんだ」とウォルフは語る。

 メルセデスは今季、3年連続でのダブルタイトル獲得がほぼ確実視されている。ランキング上はフェラーリのキミ・ライコネンが3位で、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンに最も近いライバルとなっており、1位を62ポイント、2位を61ポイント差で追う。

 コンストラクターズランキングではメルセデスがフェラーリを131ポイント、レッドブルを137ポイント上回っている。ウォルフは、スペインGPとオーストリアGPの同士討ちで大量のポイントを失ったことが、リソース割り当ての判断を容易にしたと冗談めかして言う。

「あの80ポイントがあればと思うが、それでは面白さに欠ける」

 ロズベルグは現在のマシンへの開発が、タイトルのゆくえを左右する重要な要素になると考えている。

「今後どれだけの開発ができるのかというのは、興味深い部分だ。どこかの段階で、開発を徐々に来年向けに切り替えていくことになる。どのチームがどれだけの開発を持ち込み、どのチームが来年にリソースを割り当てていくのかというのが、これからのレースでは鍵となる。いまはこれが、重要な要素だ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月16日(土)14時41分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。