ここから本文です

「ホンダは論理的になってきた」とアロンソ。現在の優先事項はパワー不足改善

オートスポーツweb 7月16日(土)14時15分配信

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、ホンダの今季F1に対するアプローチが“準備不足”だった昨シーズンと比べ、はるかに「論理的」になっていると語った。

 マクラーレンは、今季未だコンストラクターズランキング7番手と低迷しているものの、ホンダのパワーユニットは今年に入ってから長足の進歩を遂げた。アロンソは今季半ばの段階で、ホンダのアプローチと信頼性の両面に変化が見られると語っている。

「フィーリングはずっと良くなったし、こうあるべきというフィーリングになってきた。あらゆることがより論理的に動き、よりレーシングチームらしくなっている。すべての施設が100パーセントで稼働していて、(ホンダのファクトリー)さくらで働く人員も増えている」

「去年と比べれば驚くべきことだが、僕はまだパワーユニットを3基しか使っていない。これはメルセデス(のニコ・ロズベルグ)と同じユニット数だ。とにかく、あらゆることがより論理的に動いているように思えていて、ようやく戦いに挑む準備が整ってきたと感じている。去年の僕らは、このプロジェクトに対して単純に準備不足だったよ」

 アロンソによれば、2015年はとにかく問題点が多すぎて、どこから手を付ければよいか判らないような状態だった。それに対し、今年のホンダは「ここが弱い」と気づいた時に、その特定の部分の修正に集中できるようになっているという。

「今年は状況が一変したと言っていい。去年は解決すべき問題があまりにも多くて、いくら頑張っても追いつかない状態だったんだ。信頼性の問題を解決する必要があったし、いくつか小さなミスもあった。施設は100パーセントで稼働しておらず、人員も不足気味だった。そして、僕らはデプロイメントが足りない状態でレースをしていた」

「新たな改良も数多く投入されたが、それによる進歩を感じ取るのは難しかった。全体としてライバルとの差がとても大きいという、大局的な状況に『埋もれて』しまったからだ」

「今年はより細かい部分の改良に集中できるようになってきた。そして、あらゆることが合理的に進められ、ドライバーも小さな進歩のひとつひとつを感じられるようになった」

「ザウバーから2秒遅れというような状態ではなく、中団グループで戦っているから、ということもあるだろう。今年は、次のレースの予選までにコンマ3~4秒を稼ぎ出せば、たぶん6つくらいは順位が上がるところにいる。ドライバーにとっては歓迎すべきことだ」

 デプロイメントと信頼性において進歩を遂げたホンダにとって、現在の優先事項はパワーアップだ。

「以前と比べれば、僕はずいぶん楽観的だ。ただ、パワーに関しては、まだ先が長いと思う」とアロンソは言う。 

「信頼性はライバルとほぼ同等になってきたし、デプロイメントもトップチームと同じレベルにある。だが、パワーの面では、まだ足りないところが多く、改善に全力で取り組んでいる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月16日(土)14時44分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。