ここから本文です

セパン12時間の公式タイヤサプライヤーがヨコハマに決定

オートスポーツweb 7月16日(土)15時25分配信

 12月8~11日に、マレーシアのセパン・サーキットで開催されるセパン12時間耐久レースのオフィシャルタイヤサプライヤーが、ヨコハマタイヤに決定した。

 このセパン12時間は、SROモータースポーツ・グループが中心になってプロモートを担当しており、すでに概要も発表されている。GT3ホモロゲーション車両がメインカテゴリーだが、このなかにはG3ホモロゲーション(地域ホモロゲーション)としてスーパーGT300クラスに参戦するJAF-GT300車両(GT300マザーシャシー含む)、スーパー耐久ST-X車両も含まれている。また、TCR車両やスーパー耐久用車両など、GT3以外の車両も参戦が可能だ。

 そんなセパン12時間のオフィシャルタイヤサプライヤーを、ヨコハマが務めることになった。GT3をはじめ、GT4/カップカー、ツーリングカー等すべてのカテゴリーの車両にタイヤが供給される。

「ヨコハマがセパン12時間のタイヤサプライヤーに選ばれるのは光栄なことです。我々はハイクオリティなタイヤと、サービスの供給ができると確信しています」と語るのはヨコハマ・モータースポーツ・インターナショナルの山石昌孝社長。

 ヨコハマはセパン12時間が『メルデカ・ミレニアム』という名称で争われていた時代から参戦しており、スーパーGTのレースやテストも含め、セパンでの経験は豊富だ。すでに数チームの日本チームの参戦が噂されているが、タイヤの面ではヨコハマの特性を知るだけに、有利になるかもしれない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月16日(土)15時25分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。