ここから本文です

Rソックス、後半戦白星発進で5連勝 上原が完璧救援、5セーブ目で締める!

ベースボールキング 7月16日(土)11時18分配信

● ヤンキース 3 - 5 レッドソックス ○
<現地時間7月15日 ヤンキー・スタジアム>

 レッドソックスの上原浩治が15日(日本時間16日)、敵地でのヤンキース戦に救援登板。2点リードの9回を三者凡退で締め、5セーブ目(2勝3敗)をマークした。

 レッドソックスは3回、9番ハニガンの1号ソロで先制。その後も7番ショーの10号2ラン、3番ボガーツの11号2ランと一発攻勢で加点し、6回3失点で11勝目(5敗)を挙げた先発S.ライトを援護した。

 レッドソックスは2点リードの7回、8日にダイヤモンドバックスからトレードで獲得したばかりのジーグラーを投入。新加入の右サイドハンドが1回無失点と好投すると、8回に登板した3番手のロスも無失点で繋いだ。

 9回は故障者リスト(DL)に入っている守護神・キンブレルの代役として上原が登場。先頭の4番マッキャンを直球で空振り三振に仕留めると、後続もピシャリ。ベテラン右腕は1回パーフェクトと期待に応え、今季の防御率を4.67とした。

 レッドソックスのブルペン陣は、キンブレルに加え田沢もDL入り。それでも新布陣がしっかりと役割を果たし、後半戦白星発進で前半戦から5連勝とした。

BASEBALL KING

最終更新:7月16日(土)11時57分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。