ここから本文です

北陸産紳士服、第1号店 カジグループがフォーラスに

北國新聞社 7/16(土) 3:06配信

 糸の製造から製品縫製まで、すべて北陸の繊維産地で仕上げたメードイン北陸の紳士服ブランド「ティモーネ」の店が22日、金沢フォーラス4階の紳士服フロアに登場する。ティモーネを展開する繊維メーカーのカジグループ(金沢市)によると、同ブランド名を冠した第1号店で、国内有数の合繊産地である北陸の繊維企業の高度な技術力を組み合わせ、品質にこだわったおしゃれを楽しみたい男性の需要を掘り起こす。

 新店は「ティモーネ・ペル・ベック」で、カジグループと、靴を中心としたセレクトショップを展開するベックシューズ(金沢市)が連携して出店する。ティモーネのジャケットやシャツを扱い、ティモーネのブランドイメージに合うバッグや雑貨も並べる。

 ティモーネは主に40代以上を対象に、仕事や余暇など、場面を問わずに使える高品質でエレガントなファッションを提案する紳士服ブランドとなる。昨秋のデビュー以降、全国11都市のセレクトショップ約20店で扱っている。旅先で持ち歩いてもしわになりにくい軽量なジャケット、ベビー服にも使われる伸縮性と肌触りにこだわったパイル生地のカットソーが、特に好評を得ている。

北國新聞社

最終更新:7/16(土) 3:06

北國新聞社