ここから本文です

高岡の企業など視察 北陸三県・長野県役員協

北國新聞社 7/16(土) 3:06配信

 富山県経営者協会の「北陸三県・長野県役員協議会」は15日、2日間の日程で始まった。4県の経営者協会の会長、副会長21人が高岡市の歴史的街並みや地場企業を視察し、高岡の文化や産業について理解を深めた。

 金岡克己富山県経営者協会長らは、高岡鋳物発祥の地である金屋町を訪れ、重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)の石畳通りや土蔵造りの町家を見学した。三協立山の本社敷地内にあるショールームでは、環境に配慮した最新型の住宅設備などを見て回った。

 16日は、世界遺産に登録されている南砺市の相倉合掌造り集落などを訪れる。協議会は北陸新幹線開業で、より近くなった地域の歴史や産業を理解し、4県の交流を深めようと初めて企画した。

北國新聞社

最終更新:7/16(土) 3:06

北國新聞社