ここから本文です

仏代表MFパイェ、ウェストハム残留を誓う「100パーセント残る」

SOCCER KING 7月16日(土)2時57分配信

 ウェストハムに所属するフランス代表MFディミトリ・パイェがクラブへの残留を宣言した。15日付のイギリス紙『エクスプレス』などが報じている。

 ユーロ2016で3ゴールを記録したパイェ。同大会での活躍が大きく評価され、ビッグクラブの注目を集めたことにより、今夏の動向が注目されていた。ウェストハムのデイビッド・サリバン共同会長は、同選手を放出しないと明言していたが、ここにきてパイェ自身がキャリアについてコメントを残した。

 同紙によるとパイェは、「全ての関心を耳にしているし、それを聞いて嬉しかった」とコメントし、他クラブからの熱視線を歓迎した。しかしその上で、「僕はウェストハムを愛している。素晴らしいシーズンを送ることができたし、オリンピックスタジアム(ウェストハムの本拠地)でプレーするのが待ちきれない」とクラブ愛を口にした。

 さらにパイェは、「僕は100パーセント、クラブに残る。ウェストハムが大好きなんだ。ウェストハムサポーターに対してもはっきりとそう言えるよ」と今夏の残留を宣言。他クラブへ移籍しないことを誓った。

 現在29歳のパイェは母国フランスの各クラブを渡り歩いた後、2015年夏にウェストハムへ加入。2015-16シーズンのプレミアリーグでは30試合に出場し9ゴールを記録。同クラブの7位躍進に貢献した。

SOCCER KING

最終更新:7月16日(土)2時58分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。