ここから本文です

前マンUのファン・ハール監督、ベルギー代表の新指揮官候補に浮上

SOCCER KING 7月16日(土)16時48分配信

 2015-16シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、ベルギー代表の新指揮官候補に浮上している。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じた。

 ベルギーサッカー協会(KBVB/URBSFA)は15日、マルク・ヴィルモッツ監督との契約解消を発表。同監督とは2018年までの契約を結んでいたが、ユーロ2016で準々決勝敗退に終わったことなどから監督交代に踏み切った。

 今回の報道によると、同協会は国際的な経験を持つ指揮官を新監督として招へいする意向を持っている模様で、フランソワ・デ・ケールスマッカー会長はファン・ハール氏について「潜在的な候補」と話したという。

 ファン・ハール監督は2012年5月から2014年のブラジル・ワールドカップまでオランダ代表の指揮を執り、以降はマンチェスター・Uの指揮官を務めていた。仮にベルギー代表の新指揮官就任が決まった場合、代表チームでの指揮は約2年ぶりとなる。

 ベルギー代表は9月1日、国際親善試合でスペイン代表と対戦。同試合が新指揮官の初陣となる予定だ。

SOCCER KING

最終更新:7月16日(土)16時51分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。