ここから本文です

双子のベンダー兄弟がOA枠…ドイツがリオ五輪メンバーを発表

ゲキサカ 7月16日(土)10時54分配信

 ドイツサッカー連盟は15日、リオデジャネイロ五輪に臨むU-23ドイツ代表メンバー18人を発表した

 1988年ソウル五輪以来の出場となるドイツは、シャルケのMFレオン・ゴレツカやMFマックス・マイヤー、DFマティアス・ギンターらを招集。オーバーエイジにはMFラース・ベンダー(27)とMFスベン・ベンダー(27)の双子に加え、FWニルス・ペーターゼン(27)が選出されている。

 C組のドイツは8月5日にメキシコ代表、8日に韓国代表、11日にフィジー代表と対戦する。

 以下、リオ五輪ドイツ代表メンバー

▽GK
ティモ・ホルン(ケルン)
ヤニック・フート(マインツ)

▽DF
ロベルト・バウアー(インゴルシュタット)
マティアス・ギンター(ドルトムント)
ルーカス・クロステルマン(ライプツィヒ)
フィリップ・マックス(アウクスブルク)
ニクラス・ジューレ(ホッフェンハイム)
ジェレミー・トルヤン(ホッフェンハイム)

▽MF
ラース・ベンダー(レバークーゼン)
スベン・ベンダー(ドルトムント)
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
マックス・クリスティアンセン(インゴルシュタット)
セルジュ・ニャブリ(アーセナル)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
マックス・マイヤー(シャルケ)
グリシャ・プレメル(カールスルーエ)

▽FW
ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
ダビー・ゼルケ(ライプツィヒ)

▽バックアップメンバー
GKエリック・エルシュレーゲル(ブレーメン)
DFクリスティアン・ギュンター(フライブルク)
MFレオナルド・ビッテンコート(ケルン)
MFゼバスティアン・ケルク(フライブルク)

最終更新:7月16日(土)10時54分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。