ここから本文です

モンスターボールで選手獲得?サッカー界でも『ポケモンGO』が流行

ゲキサカ 7月16日(土)13時25分配信

 サッカー界でも『ポケモンGO』が流行しているようだ。

 ポケモンGOとは、株式会社ポケモンと任天堂、米国ナイアンティックによる共同開発したスマートフォン向けアプリ。位置情報や拡張現実(AR)を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできる。今月6日にアメリカ、豪州、ニュージーランドでリリースされると、爆発的にヒットで社会現象となっている。現在はドイツやイギリス、イタリア、スペイン、ポルトガルでも配信がスタートしている。

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのDFマルセル・シュメルツァーは自身の公式ツイッターに、移動中のチームバスの車内を写した画像とともに「ほとんどの仲間が新たなポケモンを探しているよ」とツイート。FWピエール・エメリク・オーバメヤンらが真剣な表情でスマートフォンを見つめ、ポケモンGOに没頭している様子を伝えた。

 また、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリエーズマンは自身が写っている写真に『ピカチュウ』を合成した画像を投稿。元ドイツ代表GKオリバー・カーンも自身が『ゼニガメ』を捕まえようとしている画像を投稿するなど、サッカー選手もポケモンGOを楽しんでいるようだ。

 また、FW工藤壮人が所属するMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスは、今夏加入する選手をモンスターボールでゲットしたという“ポケモンGO風”の動画をクラブ公式ツイッターに投稿している。今後は日本などにもリリースされていく予定だが、すでにポケモンGOはサッカー選手たちをも虜にしているようだ。

最終更新:7月16日(土)13時50分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]