ここから本文です

土壇場で愛媛が勝ち点1を獲得 8か月ぶり復帰のFW西田剛「ただいま」

ゲキサカ 7月16日(土)21時6分配信

[7.16 J2第23節 愛媛1-2清水 ニンスタ]

 清水エスパルスと愛媛FCは2-2で引き分けに終わった。清水は連勝とはならなかったが、9試合負けなし(5勝4分)とし、愛媛は2試合連続で引き分けとなった。

 積極的な入りを見せたのは清水だったが、先制点を挙げたのは愛媛だった。前半10分、右サイドでMF近藤貴司が落としたボールをMF三原向平がダイレクトで中央に入れ、MF小島秀仁がヘディングシュートをゴール左隅に決め、1-0とした。同22分には近藤がGKと1対1の場面を作るも、右足シュートはGK杉山力裕に防がれ、追加点のチャンスを逃した。

 すると、清水が同点に追いつく。前半24分、MF金子翔太のパスをPA左で受けたMF白崎凌兵が中央に折り返すと、愛媛のMF藤田息吹に当たってオウンゴール。前半のうちに同点とすると、後半21分、途中出場のFW北川航也が右サイドから折り返したボールをGK児玉剛がキャッチできずにこぼし、これに反応したFW鄭大世が胸トラップから右足シュートをゴールネットに突き刺し、2-1。鄭大世の3試合連続ゴールで清水が逆転に成功した。

 1点ビハインドとなった愛媛は後半27分にFW河原和寿とFW西田剛を投入。西田は右膝前十字靭帯を損傷した昨年11月1日のJ2第39節・岐阜戦以来の出場となった。終盤に向けては疲れが見え始めた清水相手に攻勢を強めたが、得点を奪えず、このままタイムアップかと思われた。だが、後半アディショナルタイム3分に左CKからのこぼれ球をDF林堂眞が体を投げ出して押し込み、2-2。土壇場で勝ち点1を拾った。

 試合後のインタビューで林堂は「本当は勝ちたかったが、最低限の勝ち点1を取れたことは良かった」と振り返った。また、8か月ぶりの復帰を果たした西田は、「ただいま~。このピッチで昨シーズン怪我をしてしまって悔しい思いをして、復帰戦もこのピッチだったので、なんか感慨深いものがあった。なんとか結果を残したかったが、残せず申し訳なかった」と肩を落としていた。

最終更新:7月16日(土)21時6分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]