ここから本文です

59名参加の大学選抜合同選考会、有力選手が続々アピール!MF松田天馬やFW栗田マークらがゴール

ゲキサカ 7月16日(土)21時39分配信

[7.16 大学選抜合同選考会 中央大G]

 全日本大学選抜、U-19全日本大学選抜、関東大学選抜による合同選考会の1日目が16日に中央大グラウンドで行われた。45分間3本のゲーム形式で行われる選考会。全国の実力者たちが顔を揃え、各々アピールした。

 大学サッカーでは初の試みとなった合同選考会。全国から実に59名の選手が集い、ゲーム形式での選考会が行われた。なお、今回の目的は選考のみならず、試合を通じての“強化”にもあるという。

 1本目は1年生のみで構成されたU-19全日本大学選抜と全日本大学選抜が対戦。開始7分にトップ下で先発していたMF武田拓真(東海学園大3年=中央学院高)のゴールで全日本が先制も、21分にFW栗田マークアジェイ(静岡産業大1年=東京実高)が同点弾。U-19全日本が1-1と振り出しに戻す。

 その後は中盤での攻防が続き、互いにシュートまで持ち込めない。果敢な守備で相手の攻撃を奪う“弟分”のU-19全日本だったが、徐々に全日本の裏を狙った攻撃に押し込まれる。

 すると40分、MF脇坂泰斗(阪南大3年=川崎F U-18)のパスから右サイドへ抜け出たMF松田天馬(鹿屋体育大3年=東福岡高)がGKとの1対1を冷静に決め、勝ち越しに成功。途中出場の松田のゴールが決勝点となり、全日本が2-1で勝利した。

 2本目ではU-19全日本大学選抜と関東大学選抜が対戦。1本目では全日本を相手にそん色ないプレーをみせていた1年生たちだったが、2本目まで持続する力はなかった。球際で負けては、ボールを失うシーンも目立つ。すると3失点という結果に。

 21分にはMF早坂翔(中央大3年=横浜FMユース)、26分にはMF戸嶋祥郎(筑波大3年=浦和高)に決められ、31分にはFW北川柊斗(筑波大3年=名古屋U18)にPKを沈められて、零封負けとなった。

 3本目では全日本大学選抜と関東大学選抜が対戦。5分にDF原田鉄平(順天堂大3年=静岡学園高)のゴールで関東選抜が先制も、終了間際の42分に全日本がMF米田隼也(順天堂大3年=静岡学園高)の得点で追いつき、引き分けた。

 全日本大学選抜と関東大学選抜が1勝1分、U-19全日本大学選抜が2連敗で選考会を終えた。あす17日には違うメンバーが参加しての選考会が行われる。

 今後は今回の選考会や8月に行われる総理大臣杯などを参考に全日本大学選抜のメンバーを選出し、8月末には海外遠征を行う予定。しかし、遠征期間と天皇杯1回戦の日程が被るため、関西学院大などの天皇杯出場チームからの招集は見送られるようだ。

最終更新:7月16日(土)22時38分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]