ここから本文です

マンU、モウリーニョ初陣を白星で飾る…新戦力ムヒタリアンやバイリーは先発デビュー

ゲキサカ 7月16日(土)23時25分配信

[7.16 プレシーズンマッチ ウィガン0-2マンチェスター・U]

 マンチェスター・ユナイテッドは16日、ウィガン(2部相当)とプレシーズンマッチを行った。前半はスコアレスに終わったが、後半に2得点を奪ったユナイテッドが、2-0でジョゼ・モウリーニョ新監督の初陣を白星で飾った。

 モウ・ユナイテッドはルイス・ファン・ハール体制と変わらず4-2-3-1を採用。EURO組はメンバーに入っておらず、守護神はGKサム・ジョンストンが務め、最終ラインは右からDFティモシー・フォス・メンサー、新加入のDFエリック・バイリー、DFダレイ・ブリント、10か月ぶり実践復帰のDFルーク・ショーが並んだ。

 ボランチにはMFマイケル・キャリックとMFアンデル・エレーラ、2列目は右からFWメンフィス・デパイ、新加入のMFヘンリク・ムヒタリアン、MFジェシー・リンガードが並んだ。トップにはFWジェームズ・ウィルソンが入っている。

 当然のように試合の主導権を握るユナイテッド。前半25分、ムヒタリアンがPA右から折り返したボールを、ファーサイドに走り込んだデパイが右足で合わせるもゴール左に外れる。同37分には、右サイドからリンガードが上げたクロスがファーサイドまで流れ、フリーのムヒタリアンにつながるも右足で合わせたシュートは枠を大きく外してまった。

 前半はスコアレスに終わったユナイテッドは、後半開始からフォス・メンサーとショー、キャリック、リンガード、ムヒタリアン、デパイ、ウィルソンの7人を下げて、DFアシュリー・ヤングとDFフィル・ジョーンズ、MFアンドレアス・ペレイラ、MFフアン・マタ、MFアントニオ・バレンシア、MFアドナン・ヤヌザイ、FWウィル・キーンを投入した。

 すると、後半開始早々に先制点を挙げる。マタが相手GKにプレッシャーをかけ、キックミスを誘うと、マタのラストパスをキーンが無人のゴールに流し込み、1-0。さらに同13分にPA手前の右脇でFKを獲得すると、トリックプレーからエレーラが放ったシュートは相手のブロックに阻まれるも、こぼれ球をペレイラが右足でゴール左隅に決め、2-0とリードを広げた。

 後半29分にはブリントとエレーラを下げ、DFギジェルモ・バレラとDFタイラー・ブラケットを入れたユナイテッド。最後はバイリーとGKジョンストンをDFアクセル・トゥアンゼベとGKジョエル・ペレイラに代え、あらゆる選手をモウリーニョ監督は実践で試した。試合はそのまま2-0で終了。モウリーニョ体制で初勝利を飾った。

最終更新:7月16日(土)23時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]