ここから本文です

3DCGやVRで“リアルなキャラ”を描くには?「美術手帖」8月号で特集、『サマーレッスン』にも注目

インサイド 7月17日(日)15時17分配信

7月16日発売の「美術手帖」8月号にて、3DCGやVRで魅力的なキャラクターを生み出す特集「キャラクター生成論:3DCG、VR―私たちの“リアル”はどう変わる?」が掲載されます。

【関連画像】

3DCGアニメーションやVRなどの最新技術で生み出される、様々な魅力的なキャラクターたち。そんなキャラたちがどのように生み出されるのか、クリエイターへの取材や研究者の論考や座談会を通して、最新のキャラクター論へと迫る特集となります。


ポリゴン・ピクチュアズは「シドニアの騎士」「亜人」、サンジゲンは「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」「ブブキ・ブランキ」などのアニメ作品で、手描きアニメーションの質感を持った「セルルック」と呼ばれるCGアニメーションの手法を用いています。そこで「PART1:3DCGアニメーション」では、CGアニメーションを制作するこの2つのスタジオを徹底取材。実在感のあるキャラクターはいかにして立ち上がるののかを、日本独自の表現を推し進めてきた2つのスタジオの仕事から紐解きます。


「PART2:VR/ゲーム」では、10月13日に発売されるPS VRにスポットを当て、体験レポートや開発者インタビューなどから、VRによるキャラクター表現の可能性に迫ります。先日リリースが決定した、女子高生のキャラクターとコミュニケーションがとれる『サマーレッスン』も取り上げるとのこと。『サマーレッスン』の開発者であるバンダイナムコの原田勝弘氏、玉置絢氏のインタビューでは、VRにあわせた新たなキャラクターづくりの取り組みが明かされます。

さらに、キャラクター論をめぐる研究者・評論家の座談会や、表象文化の研究者・石岡良治氏が語る「キャラクター文化“超”講義」なども収録。それぞれの記事で、『艦隊これくしょん』、『刀剣乱舞』、『Fate/Grand Order』など、多様なアニメ、ゲーム、マンガ作品を例に挙げながら、現代におけるキャラクターの諸相やこれからの可能性が語られます。

■美術手帖8月号
・7月16日(土)発売
・定価1600円+税
・発行元 美術出版社

最終更新:7月17日(日)15時17分

インサイド