ここから本文です

「モヒカン故郷に帰る」が北米最大の日本映画祭で上映!前田敦子が英語で挨拶

映画.com 7月17日(日)5時0分配信

 [映画.com ニュース] 松田龍平と前田敦子が共演した沖田修一監督作「モヒカン故郷に帰る」が7月14日(現地時間)、米ニューヨークで行われた北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS ジャパン・カッツ!」でオープニング上映され、沖田監督と出演の前田敦子が舞台挨拶に立った。

 チケットは即完売するほどの盛況ぶりだったそうで、沖田監督は「自分が監督した作品をニューヨークで上映していただけることを嬉しく思っています。どんな反応をしていただけるか楽しみです。そして、ずっとニューヨーク来たかったです」と喜びを語る。

 一方の前田は「こんにちは、前田敦子です。ご招待いただき有難うございます。ここに来られてとっても幸せです」と英語で挨拶。そして「家族がテーマの映画です。家族は世界共通のものだと思います。そんな身近で当たり前な存在が一番大切なものだということを、小さな幸せを、この映画を見て再認識してもらえると思います。最後まで楽しんでください」と呼びかけた。

 映画は、結婚報告のために7年ぶりに帰郷したモヒカン頭の売れないバンドマン永吉(松田)が、頑固オヤジの父・治(柄本明)、恋人の由佳(前田)、母・春子(もたいまさこ)、弟・浩二(千葉雄大)とともに繰り広げる悲喜こもごもを描く。「モヒカン故郷に帰る」は、DVD&ブルーレイが10月5日から発売。価格は、特装限定版ブルーレイが7000円、通常版ブルーレイが4800円、DVDが3800円(全て税抜き)。

最終更新:7月17日(日)5時0分

映画.com