ここから本文です

<ビアガーデン>限定ビールに新スポット、女性向けプランも 都内おすすめをピックアップ

毎日キレイ 7月17日(日)17時7分配信

 夏の風物詩でもある「ビアガーデン」。年々、女性人気も高まっており、最近ではフローズンビールやスパークリングワイン、ヘルシーでリッチな食べ物など、女性を意識したメニューも増えている。また、女性限定サービスが付いた特別プランも登場。ここでは、そんな女性たちにうれしい東京都内のビアガーデンをピックアップする。

【写真特集】ビールの季節! ビアガーデン一挙紹介

 ◇「47都道府県の一番搾り」がビアガーデンに登場

 昨年、東京と大阪で開催され、約37万人が訪れた「キリン一番搾りガーデン」。5回目となる今年も両都市で行われ、東京店は、表参道駅すぐの南青山5丁目にオープンした。ウッドデッキと白で統一されたスタイリッシュな空間で、定番の「一番搾り生ビール」や、女性に人気のシャリシャリとした食感の泡が楽しめる「一番搾りフローズン(生)」のほか、今回は地域の風土や気質、食文化に合わせて開発した新商品「47都道府県の一番搾り」も販売。「47都道府県の一番搾り」は3~4種類を期間に分けて順次販売し、フードも連動して地元ならではの食材を使ったメニューを提供している。ドリンクは550円~、フードは300円~。

 「よなよなエール」や「水曜日のネコ」などを展開する「ヤッホーブルーイング」のクラフトビールが生で楽しめるビアガーデンが、六本木一丁目のアークヒルズ内アーク・カラヤン広場で「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills」として開催中。同ビアガーデンのために特別に醸造した、シトラスを中心とした華やかでフルーティーなホップアロマが特徴の「ARK Hills Ale」(700円)を限定販売し、料理はビールと相性抜群の福島県産の伊達鶏を使用したローストチキン(1500円)や自家製ソーセージ(650円)のほか、リオ五輪の会期中にはブラジル料理などを提供する。

 ◇東急プラザ銀座が初開催 アトレ恵比寿西館も

 今春開業したばかりの銀座の新しい商業施設「東急プラザ銀座」では、「bills」などを手がける食のヒットメーカー「トランジットジェネラルオフィス」がプロデュースする「-LATIN GRILL/BEER GARDEN-WHITE and SKY Tokyu Plaza Ginza」を開催。白いタイルと水盤が特徴の銀座を一望できるラグジュアリーな屋上で、ビールやワイン、カクテルなど約50種類のお酒の飲み放題と、ラテングリルの前菜とメインのコースがセットになったメニューを楽しめる。6000円(税抜き)。

1/3ページ

最終更新:8月15日(月)20時33分

毎日キレイ