ここから本文です

<松本人志>「ポケモンGO」に懸念 「任天堂大好き芸人なのでうれしいけれど…」

まんたんウェブ 7月17日(日)11時32分配信

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが17日、自身がMCを務めるトークバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「ポケットモンスター」の新ゲームアプリ「ポケモンGO」について「僕は“任天堂大好き芸人”なので盛り上がってくれるのはものすごくうれしいんですけれども、社会問題が怖い」と語った。

【写真特集】ポケモンがリアル世界に出現?

 「ポケモンGO」は「ポケットモンスター」の新ゲームアプリ。6日に豪州とニュージーランド、7日に米国で配信をスタートし、世界各地で話題になっている。日本での配信は今月中の予定。

 松本さんは「ポケモンGO」について「社会現象はいいんですけれど、社会問題が怖い。いろんなことが巻き起こりそうだね、悪いことが」と言い、どんなことが?と問われると「車に乗ることも多いので(ゲームをやっていて歩行者が)車道に出てくることが多くなるとか、タレント目線でいわせてもらうと今、盗撮じゃないか、いや今、ポケモンやっていたから。ホンマにやっていて、こっちは赤っ恥をかくとか。不法侵入とか……」とブームになることによる悪影響を心配した。

 番組にゲスト出演した千秋さんはゲーム好きで知られ、「ポケモンGO」について「やりたい、やりたい」と連呼。ただ「日本ではいろいろクリアしてからリリースするのでは」といい、それを受けて、現在高校3年生で女流棋士の竹俣紅さんが「あえてアメリカではやらせてから日本で(リリースする)という策略なのでは」と持論を述べると、千秋さんは「本当に高校3年生? 25歳くらいでは?」といい、「25歳でも賢い」と感心していた。

 この日の放送には、そのほかにプロインタビュアーの吉田豪さん、俳優でタレントの石原良純さんらが出演した。

最終更新:7月17日(日)11時32分

まんたんウェブ