ここから本文です

大谷打でMVPフイ…元同僚・大引が恨み節「あの野郎が…」

デイリースポーツ 7月17日(日)5時0分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ5-5全パ」(16日、横浜スタジアム)

 全セ・大引啓次内野手(ヤクルト)が元同僚の日本ハム・大谷に恨み節を漏らした。

【写真】大引の夢を打ち砕いた大谷の一撃

 1点を追う七回に同点とし、なお1死二塁から勝ち越しの中前適時打。決勝打ならMVPの可能性もあったが、大谷の同点打でフイになり「打った直後は(MVPに)片足を突っ込んでいたのに、あの野郎が…」と苦笑いで球場を後にした。

最終更新:7月17日(日)8時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。