ここから本文です

『Star Wars バトルフロント』エクスパンション第3弾“デス・スター”のティザー動画や参戦キャラなどが公開。第4弾はローグワンに決定

ファミ通.com 7月17日(日)5時6分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●第3弾はチューバッカとボスク、第4弾はジンとクレニックが登場予定
 現在ロンドンで開催中の映画「スター・ウォーズ」の公式イベント“スター・ウォーズ・セレブレーション2016”で、エレクトロニック・アーツのアクションシューティングゲーム『Star Wars バトルフロント』の新情報が公開された。

 まず冒頭では、秋に配信予定のエクスパンション第3弾“デス・スター”のティザー映像が公開。もちろん舞台は巨大要塞デス・スターで、待望の宇宙戦闘から、デス・スター内部での戦闘まで、さまざまなステージを収録。デス・スターの溝になっている部分を飛んでいくエピソード4の名シーン“トレンチ・ラン”も再現されており、期待が高まる。

 なお新キャラクターは帝国軍側が賞金稼ぎのボスク、反乱軍側がチューバッカという、因縁の対決になるようだ(ボスクはチューバッカたちウーキーが嫌い)。バトルフロントにはすでにハン・ソロがいるので、ヒーロー/ヴィラン系のモードではぜひ並んで戦いたいところ!

 そしてエクスパンション第4弾が“Rogue One: Scarif”となることも発表。Scarifは、年末に公開予定のスピンオフ映画「ローグワン / スターウォーズ・ストーリー」の舞台として登場する南国の楽園風の惑星だ。キャラクターは、ローグワンの主人公ジン・アーソと、帝国軍の幹部オルソン・クレニックが使用可能な模様。

 “Rogue One: Scarif”の配信はホリデーシーズンを予定しており、発表での発言によれば、「映画を見たら家でジンとクレニックとして遊べる」という(映画のエピソード7「フォースの覚醒」公開前にエクスパンション第1弾「バトルオブジャクー」でジャクーに降り立てたように、公開前に配信されるか、同タイミングなのかは不明)。

最終更新:7月17日(日)5時6分

ファミ通.com