ここから本文です

米国フロリダで『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害に

インサイド 7月17日(日)23時11分配信

世界中で様々なニュースやムーブメントが報じられ、今や社会現象になりつつある『ポケモンGO(Pokemon Go)』。新たに米国フロリダ州で、『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害にあったことがわかりました。

地元メディアが伝えるところによると、被害を受けたのは19歳の男性と16歳の女性。7月16日土曜日の深夜1時30分頃、二人はフロリダ州パームコーストをドライブしていて、付近の民家の前に車を停めると、車内で『ポケモンGO』をプレイしていました。

すると、その民家に住む男性(37歳)が、窓から漏れる車のライトや騒音で目を覚まし、おもむろに拳銃を手にとって外に。車内から「ヤツを捕まえたか?」という声を聞きつけた男性は、車に近づくと車内にいた十代の男女に「動くな」と言いながら銃をつきつけたそうです。

驚いた若者はすぐさま車でその場を走り去ろうとし、住人の男性は逃げる車にむかって複数回発砲したということです。

被害者から通報をうけた警察の発表によると、幸いにも怪我人は出ておらず、住人の男性も怖がらせるためだけに発砲をしたとのことですが、車のタイヤにはいくつもの銃弾の跡が確認できているそうです。

フロリダ警察は、こうした事件を受けて、『ポケモンGO』プレイヤーやその家族に対して、安全に利用するためのガイドを公開しています。

最終更新:7月17日(日)23時11分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。