ここから本文です

自動車登録台数2146万台 2.4人に1台=韓国

聯合ニュース 7月17日(日)11時0分配信

【世宗聯合ニュース】韓国国土交通部は17日までに、6月末現在の自動車の累計登録台数を2146万4224台と集計した。昨年末に比べ47万台増加した。人口2.4人当たり1台を保有する計算となる。

 自動車登録台数は1980年50万台、1985年100万台、1992年500万台と増加し、1997年に1000万台を超えた。2000年代に入ってからは緩やかに増加し、2005年に1500万台、2014年11月に2000万台を突破した。

 登録された2146万4224台のうち、国産車は約1994万台(92.9%)、輸入車は152万台(7.1%)だった。

 輸入車が占める割合は1994年には0.3%だったが、2004年に1%台を記録。その後も2011年3.4%、2012年4%、2013年4.6%、2014年5.5%、2015年6.6%と増え続けている。

 登山やキャンプなどアウトドアのレジャーが一般化したことで、キャンピングカーの登録台数が増加した。2007年に346台だったキャンピングカーは先月末時点で6768台が登録され、10年間で20倍に増えた。

最終更新:7月17日(日)11時4分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。