ここから本文です

真剣佑&村上虹郎ら不良生徒と寺尾聰演じる教師との“奇跡”「仰げば尊し」

cinemacafe.net 7月17日(日)12時45分配信

高校の弱小吹奏楽部が、ひとりの教師の指導により全国大会の頂点を極めた“奇跡の実話”を基にしたオリジナルドラマ「仰げば尊し」がついにスタート。第1話が7月17日(日)今夜21時よりTBS系で放送される。

【写真】「仰げば尊し」第1話場面写真

神奈川県立野庭高校(1980年代当時)の吹奏楽部に起こった奇跡を描いた「ブラバンキッズ・ラプソディー」「ブラバンキッズ・オデッセイ」(石川高子・著/三五館・刊)に脚色を加えオリジナルドラマ化した本作。

美崎高校・校長の小田桐は定年まで最後の1年、問題の多い美崎高校の生徒と向き合い、よい形で高校生活を送らせてあげたいと切に願っていた。横須賀埠頭近くの公園で少年少女らに「やさしく、丁寧に…」と声をかけながら、それでいて情熱的に指導する樋熊を興味深く見つめる小田桐は樋熊のような人間を学校に迎え、一から指導を見直そうと決意。美崎高校へ来て欲しいと頼み込む。

話を聞いた樋熊の娘、奈津紀は反対する。小田桐の熱意に押された樋熊が美崎高校を訪ねると不良グループたちに出会う。彼らを諭そうとする樋熊だがまったく相手にされない。

完全に大人をなめ切った態度の彼らに触れた樋熊は、ここ美崎高校で生徒たちと向き合うことを決心。全校生徒の前で元プロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は「もっと今という時間を大切にして夢中で生きてみませんか?」と呼びかける。

樋熊の言葉に心を動かされた吹奏楽部の部長、有馬は吹奏楽部の顧問になってほしいと頭を下げ、樋熊の指導による部活が始まる…という物語。

事故の後遺症で音楽から背を向けていた元サックス奏者の樋熊を演じるのは寺尾聰。樋熊の娘役には多部未華子、そして樋熊の生徒たちには真剣佑、村上虹郎、「DISH//」の北村匠海をはじめ、「E-girls」石井杏奈、太賀、佐野岳、矢本悠馬、健太郎、水上京香、岡崎紗絵など。樋熊の高校の校長役に石坂浩二。樋熊と反目する教師・新井宗一役に尾美としのり。教頭・鮫島照之役に升毅。また上級生・陣内剛史役に高畑裕太と豪華なメンバーが顔を揃えた。

監督には「ROOKIES」「JIN-仁-」「天皇の料理番」などヒット作品を数多く手掛ける平川雄一朗。脚本は「ROOKIES」ドラマ「デスノート」などのいずみ吉紘。また人気バンド「BUMP OF CHICKEN」が主題歌を担当し、作品を彩っている。

日曜劇場「仰げば尊し」は7月17日(日)21時~TBS系で放送スタート。

最終更新:7月17日(日)12時45分

cinemacafe.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。