ここから本文です

月イチ道場マッチは選手の手作り料理も好評です

東スポWeb 7月17日(日)11時1分配信

 【We are U―23女子プロレス代表】Sareee(ディアナ)

 皆さん、こんにちは! 4回目のコラムになります☆ ワールド女子プロレスディアナのSareeeです。あっという間に7月。もう、夏真っ盛りですね。自分は夏が一番好き  プールや海がだ~い好きなんです。冬の朝はなかなか起きられないけど、夏は「今日はアイスを食べるゾ」と考えると一気にヤル気が出てきます(笑い)。

 ということで、今回は道場マッチについてお話しします。その名の通り神奈川・川崎市内にある、普段自分たちが練習を積んでいるディアナの道場「ディアーズ・リング・カワサキ」を使って月1回ペースで開催している興行で、9月で50回目になります しかも、今年の2月大会からはSareeeがプロデュースしているんです。道場なのでこれまでは暗いイメージがあり「私がやって明るい大会にしたいです」って直訴しました。

 試合のほかにも自分がDJになって質問コーナーをやったり、お客さんにアンケートを配り、いろいろな案を出してもらっています。また派手な飾りつけをして、ちょっとでも明るいイメージにしたいと心掛けています。選手が手作りの料理を振る舞っていまして、こちらも好評をいただいています。ちなみに私の得意料理は「そぼろご飯」(笑い)。これまで2回出しましたが、おかげさまで完売でした。ディアナでは地域密着型の団体を目指していますので、近隣の方にも多く足を運んでもらえるように毎回趣向を凝らしています。

 もちろん先輩方の対戦カードを考えるのに頭を悩まし、私の意見があっさり却下されることもありますが…。でも違った側面からプロレスに向き合えるので楽しくやらせてもらっています。

 軌道に乗れば、いずれは後楽園ホールでプロデュース大会をやりたいなっていう夢もあります。次回は8月7日。ぜひ一度、足を運んでくださいね

最終更新:7月17日(日)11時1分

東スポWeb