ここから本文です

藤原竜也、“身元を乗っ取られる”恐怖を描く「そして、誰もいなくなった」今夜スタート

cinemacafe.net 7月17日(日)13時30分配信

藤原竜也が「ST~赤と白の捜査ファイル」以来2年ぶりに日本テレビの連続ドラマで主演を務める「そして、誰もいなくなった」が7月17日(日)今夜から放送される。

【写真】「そして、誰もいなくなった」第1話

今作で藤原さんが挑むのは個人情報を乗っ取られてしまうソフト開発者・藤堂新一。“パーソナル・ナンバー”と呼ばれる国民番号が普及した社会で、個人情報のキーとなる“パーソナル・ナンバー”を奪われ“存在しない”ことにされてしまった主人公の見えない敵との戦いが描かれる。

新一の婚約者の倉元早苗には『ヒミズ』や『オオカミ少女と黒王子』の二階堂ふみ。新一の親友・小山内保には連続テレビ小説「マッサン」以来の連続ドラマ出演となる玉山鉄二。新一の母・万紀子役には『嫌な女』で監督デビューも果たした黒木瞳。さらに「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧が新一行きつけのバーのオーナー兼バーテンダー・日下瑛治を演じ、そのほか、ヒロミ、志尊淳、ミムラ、鶴見辰吾ら豪華なキャストが顔を揃えている。

“岡山の奇跡”こと桜井日奈子が今回連続ドラマ初出演を果たすほか、新一の大学時代の友人に今野浩喜とミムラ、偽・藤堂新一に遠藤要、介護ヘルパー・西野弥生役におのののか、“謎の男”馬場役に小市慢太郎、公安警察・鬼塚孝雄役に神保悟志、偽・藤堂新一の弁護士・西条信司役に鶴見辰吾らが脇を固める。

新一はネット上に拡散した画像などのデータを消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発した優秀な研究者。結婚を決めた恋人・早苗(二階堂さん)と新一の母・万紀子(黒木さん)も早苗が妊娠していると知り大喜びですべてが順風満帆だった。

だがある時クレジットカードが使えなくなり、その翌日、会社で人事部に呼び出され「パーソナル・ナンバー」を聞かれる。新一の会社では国民ひとりひとりに振り分けられたパーソナル・ナンバーで社員の情報を管理していた。新一が自分のナンバーを申告すると人事部長は「そのナンバーの持ち主は三日前に婦女暴行事件で逮捕され、留置場にいる」と告げる。

会社は新一が“なりすまし”だと疑い自宅待機を命じる。国のミスと考えた新一は区役所で「手違いだ」と告げるが自分のナンバーでヒットする男の顔は、見たこともない男の顔。さらに調べると新一の住民票、戸籍、納税記録も経歴もすべてが消去されていることがわかる。

戻った自宅で早苗から「婚姻届けをもらってきたよ」と言われるも新一は「少しだけ、待ってくれないか」と解答。驚いた早苗は「やっぱり結婚する気がなくなったんだ!」と家を飛び出してしまう。

新一は、もうひとりの“新一”が捕まっている新潟県へ向かう。そこで自分がパーソナル・ナンバーを乗っ取られる「なりすまし」の被害にあっていると知った新一は自ら開発した「ミス・イレイズ」で偽「新一」の本名とデータをネット上で探し当て、バーテンダー・日下瑛治(伊野尾さん)が経営する行きつけのバーで小山内と祝杯をあげる新一。だが彼はこの先、まだまだ恐ろしい事態が続くことを知る由もなかった――。

「そして、誰もいなくなった」は7月17日(日)22時~日本テレビにて放送開始(初回30分拡大)※2話以降22時30分~放送。

最終更新:7月17日(日)13時30分

cinemacafe.net