ここから本文です

<池内博之>NHK番組で10日間“漂流”を体験

まんたんウェブ 7月17日(日)18時14分配信

 俳優の池内博之さんが、“漂流”を体験するドキュメンタリー番組「池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の島へ」が18日、NHK・BSプレミアムで放送される。池内さんはヨットで無人島に向かい、10日間にわたって漂流を体験したという。

【写真特集】池内博之さんの漂流生活 驚きの連発

 池内さんが漂流を体験するのは、東京から南に約600キロにある無人島。江戸時代、難破した船が同島に漂着し、10、20年も生き延びて、本土に生還した人々もいたといい、ジョン万次郎もその一人。漂流者が残した記録によると、島には木も湧き水もないが、生息する大きな鳥を食料として命を支えたという。番組では池内さんが、漂流民の記録を参考にして、漂流を体感しながら島に向かう。島では漂流民生活と脱出の痕跡を探る。

 番組はNHK・BSプレミアムで18日午後9時に放送。

最終更新:7月17日(日)18時14分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。