ここから本文です

BMW i3 にスパゲッティカー…「アートカーと呼ばないで」

レスポンス 7月17日(日)17時0分配信

車体をキャンバスに、斬新な絵や模様を描いた「アートカー」は、BMWのモータースポーツ車両でおなじみ。そんなBMWが、「アートカーではない」と否定する車が登場し、話題となっている。

画像:BMW i3 のスパゲッティカー

これは、フランスで7月上旬に開幕した「アルル国際写真祭」での出来事。BMWが電動化技術に特化して立ち上げた「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車、『i3』をベースにした大胆な作品が注目を集めた。

このi3は、芸術家のマウリツィオ・カテラン氏と、写真家のピエル・パオロ・フェラーリ氏の共同作品。i3のボディ全体が、スパゲッティの写真で覆われている。

BMWは、このi3について、「これは公式なBMWアートカーではありません。スパゲッティカーです。アルル国際写真祭の終了後、作者のマウリツィオ・カテラン氏の要望により、廃棄される予定です」とコメント。

さらにBMWは、「2010年以来となる公式なBMWアートカーが『M6 GT3』。現在、2016年後半の初公開に向けて、製作中です」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月17日(日)17時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。