ここから本文です

モウリーニョ監督、マンU最初のテストマッチに勝利 ショーが10カ月ぶり復帰

ISM 7月17日(日)10時23分配信

 マンチェスターU(イングランド)は現地時間16日、ウィガン(イングランド2部)とのテストマッチを行ない、2対0で勝利。ジョゼ・モウリーニョ監督は新天地での第一歩を白星で飾った。

 EURO2016を戦った元スウェーデン代表FWイブラヒモヴィッチやイングランド代表FWルーニーなど、国際大会に出場した選手たちはまだ休暇中だが、この日は新加入MFムヒタリアンやDFバイリーが先発で出場。チームはFWキーンとMFペレイラのゴールで勝利した。

 モウリーニョ監督はマンUのファンから名前をコールされるなど、早くも支持を受けており、終了の笛とともに同監督が観衆に向けて手を振ると、拍手喝采を浴びていた。

 このテストマッチで一番の朗報は、故障により10カ月もピッチから遠ざかっていたDFショーの復帰。昨年9月に右足を複合骨折した同選手は先発で出場し、前半を戦った。

 英『BBC』によれば、モウリーニョ監督はそのショーについて「練習場での彼を見たとき、信じられない思いだった。まだプレーできる状態ではないと思っていたので」「しかし彼は、夏の休暇返上でマンチェスターに残り、毎日練習するなど非常によく頑張っていた。懸命にプレーし、後半も戦いたいと意気込んでいたが、私としては安全を優先したい。少しずつやっていこう」とコメントしている。(STATS-AP)

最終更新:7月17日(日)18時13分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。