ここから本文です

丸「びっくり」特大130メートル弾 心残りは「場外弾にならなかった」

デイリースポーツ 7月17日(日)6時59分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ5-5全パ」(16日、横浜スタジアム)

 大歓声に乗った白球が、長い滞空時間を経て右翼ポールのわずかに内側を通過した。打席で打球の行方を見つめていた広島・丸佳浩外野手は、口元を緩めて手を握る。「びっくりした」。目標にしていた球宴初本塁打は、本人も驚く推定飛距離130メートルの特大弾となった。

 三回2死。塚原の内角直球を捉えて、右翼席上段へ運んだ。ただ、直前に筒香と場外弾の話をしており、「今年一番の会心の当たりをもってしても場外弾にならなかった。それだけが心残り」といたずらっぽく笑った。

 横浜スタジアムでは広島ファンの姿が目立っていた。「期待されているので期待に応えたい」。広島不動の3番打者は、自身4度目の球宴で25年ぶりの優勝へ向けて弾みをつけた。

最終更新:7月17日(日)7時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報