ここから本文です

コリジョン運用見直し早期実施へ 選手の理解得られれば後半戦から

デイリースポーツ 7月17日(日)7時0分配信

 日本野球機構(NPB)の規則委員会が16日、都内で行われた。今季から導入したコリジョンルールの運用見直しについて、早急に12球団が選手へ説明を行い、早期の実施を目指す方針を固めた。各球団は17日の練習の際に選手へ説明。理解を得られれば後半戦開始の18日から新たな運用基準が適用される。

 前日は労組・日本プロ野球選手会が、臨時大会で後半戦開始からの運用見直しに反対を決議。嶋基宏会長(楽天)は「キャンプからやってきたことが何だったのか。このタイミングじゃないのではと(決議した)」とし、選手への説明とともに、シーズン途中の運用変更に疑問を呈した。

 会議に出席した選手会・森忠仁事務局長は「選手も含めた全球団が理解すればスタートするということ」と話した。ただ、運用変更の時期に関しては「説明を受けて理解できれば、時期もそう問題ではないと言っている」と、早期の運用開始を目指す規則委員会の方針を受け入れた形だ。

 NPB・井原事務局長は「(従来の運用に)分かりにくいところがあった。そこは反省して是正していくということ」と話した。新たな運用基準では衝突が発生したかを重視。捕手のブロックや走者の危険な体当たりが適用の対象となる。

最終更新:7月17日(日)7時33分

デイリースポーツ