ここから本文です

香川先発ドルトムント、テスト4戦目で黒星

ISM 7月17日(日)11時35分配信

 ドルトムント(ドイツ)は現地時間16日(以下現地時間)、プレシーズンのテストマッチ4戦目に臨み、1860ミュンヘン(ドイツ2部)に0対1で敗れた。ここまで3連勝のドルトムントにとっては初黒星となった。

 14日のザンクトパウリ(ドイツ2部)戦で2ゴールを挙げたオーバメヤンは、休養のため欠場。そのほか、FWラモスが筋肉に問題を抱え、GKヴァイデンフェラーは風邪に伴う背中の痛み、MFベンダーはあごの負傷で起用できず。代表で国際大会に臨んだ選手が引き続き休暇で不在のなか、36分に守備陣のミスから失点すると最後までこれを取り戻せず、そのまま黒星となった。

 ザンクトパウリ戦に続いて先発した香川真司は20分、右サイドからエリア内左にいたデンベレにピンポイントのクロスを供給。しかしデンベレのシュートは相手GKに弾かれ、ネットを揺らすことはできなかった。香川は前半のみで退いている。

 試合後、トゥヘル監督は連戦の疲れもあったとしながら「試合は支配していたし、それほど悪かったわけではない。ザンクトパウリとやった時よりもスピードとフレッシュさには欠けたが、万事順調だ。気に入らないのは失点だけだね。あれは守らなくては」とクラブ公式HP上で語っている。

最終更新:7月17日(日)11時35分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。