ここから本文です

大谷MVP!球宴初弾&猛打賞 HR競争は不発…ミートポイント修正で即結果

デイリースポーツ 7月17日(日)7時0分配信

 「マツダオールスターゲーム・第2戦、全セ5-5全パ」(16日、横浜スタジアム)

 マツダオールスターゲーム2016は16日、横浜スタジアムで第2戦が行われ、5-5で引き分けた。最優秀選手(MVP)にはソロ本塁打など3安打2打点の日本ハム・大谷翔平投手(22)が初選出され、賞金300万円を獲得した。通算成績は全パの80勝78敗11分け。

【写真】ホームランダービーは連日の優勝ならず

 野手一本で臨んだ球宴で、大谷が初本塁打を含む3安打猛打賞&2打点の活躍。初のMVPに輝いた。主役の座を並み居る強打者から奪った二刀流は「(投手の)ファン投票で選んでもらって期待に応えたいと思ってましたけど、バッターで取れると思ってませんでした。自分なりに盛り上げて頑張れたかなと思います」と充実感に浸った。

 打者大谷の桁違いのパワーがさく裂したのは五回だ。井納が投じた初球。外角直球を得意の広角打法で打ち返した。横浜の夜空へかっ飛ばした豪快な飛球は左中間最深部へ吸い込まれた。

 「しっかりと大きいのを狙ってスイングしました」。球宴10打席目にして飛び出した一発だった。投手登録の選手の球宴本塁打は、71年の阪神・江夏以来3度目。試合前に本塁打を狙うと公言していたが、有言実行の一打に「気持ちよかった」と素直に喜んだ。

 この一発は今季の進化を示した本塁打でもある。この日ホームランダービーは前日とは別人のように柵越えはわずか1本。「強引に引っ張っていた」と打撃を崩したが、ミートポイントを修正し、五回に豪快弾。自分の打撃を取り戻すと七回に左前打、八回2死一、二塁には右前へ球宴初の適時打。「こういう形で打ててうれしいです」と胸を張った。

 右手中指のマメにより“野手一刀流”での出場が、これ幸い。球宴期間中、一流打者の極意を学ぶことができた。前夜のホームランダービー準決勝で山田に勝ったが「すごかった。(打球の)角度を付けるのがうまいしすごいなあと」と感心。打球の捉え方を参考にし、トリプルスリーのバットと自分のを交換してもらった。

 試合前の円陣の声出しは「スーパースターに」と松田に指名された大谷。パのスターとして輝きを放った4度目の球宴だった。

最終更新:7月17日(日)8時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]