ここから本文です

セビーリャ、司令塔ガンソと5年契約 清武の強力なライバルに

ISM 7月17日(日)12時8分配信

 セビーリャ(スペイン)は現地時間16日(以下現地時間)、サンパウロ(ブラジル)からブラジル代表MFパウロ・エンリケ・ガンソ(26)と5年契約を結んだことを発表した。

 パスセンスに優れるガンソはサントス(ブラジル)時代にネイマールと攻撃の中心を担い、2011年には南米王者としてクラブW杯で来日。Jリーグ王者の柏と対戦した準決勝では、ネイマールとのコンビで個人技を見せ付け、同年の南米最優秀選手を決める記者投票で3位に入った(最優秀選手賞はネイマール)。

 2012年ロンドン五輪にもU-23ブラジル代表として出場した同選手はその後、サンパウロに移籍。同チームで公式戦221試合に出場し、24ゴール49アシストを記録した。

 ボールさばきに長け、ここぞというタイミングでのラストパスで何度もチームに貢献してきたガンソ。今夏から新天地をセビーリャに移したMF清武弘嗣にとっては強力なライバルとなる。なお、清武は11日の練習で右太ももを負傷。全治3週間から4週間と診断されている。

最終更新:7月17日(日)12時8分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。