ここから本文です

県内児童館が活動発表や遊び 猪苗代で交流

福島民報 7月17日(日)10時36分配信

 福島県の児童館交流事業「じどうかんジャンボリーふくしま2016」は16日から18日まで、猪苗代町の磐梯青少年交流の家で開かれている。
 実行委の主催、福島民報社などの後援。自然体験や集団生活などを通じて成長してもらうのが目的。県内の小中学生約230人、ボランティアら約70人が参加している。
 初日は各児童館が活動発表や遊びなどを通して交流を深めた。2日目は町内の天鏡台周辺のハイキングなどを行い、最終日は木の枝などを加工した工作体験や七宝焼などに取り組む。

福島民報社

最終更新:7月17日(日)16時21分

福島民報