ここから本文です

巨人3投手でサバイバル!残り「1」の支配下選手登録かけて熱き戦い

デイリースポーツ 7月17日(日)7時0分配信

 巨人は16日、残り1枠の支配下選手登録をかけた“最終ステージ”を始動させた。育成の田原啓吾投手(22)、田中太一投手(23)、大竹秀義投手(27)が川崎市のジャイアンツ球場で行われた1軍全体練習に参加。シート打撃に登板した。

 支配下選手登録の期限は7月31日で、残りは約2週間。尾花投手コーチは有力視される3投手の招集に「色んな意味があるでしょう」と明言は避けたが、3人はビシビシと腕を振りアピールした。

 3人とも阿部や村田らを相手に半数は安打性の当たりを許したが「あと2週間でどれだけ結果を残せるかが大事」と田原啓。大竹秀は「すごくいい勉強になった」と話した。

 今季は長谷川が育成から支配下登録され、1軍に昇格した例もある。表舞台に上がるべく、3人がしのぎを削り合う。

最終更新:7月17日(日)7時24分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]