ここから本文です

大関稀勢の里 逆転勝利で1敗キープ「一日一番、しっかりやるだけ」

東スポWeb 7月17日(日)20時11分配信

 大相撲名古屋場所8日目(17日、愛知県体育館)、初優勝と綱取りに挑む大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が小結琴勇輝(25=佐渡ヶ嶽)を退け、1敗を守った。

 相手のノド輪に大きくのけぞり、土俵際まで押し込まれる場面もあったが、最後ははたき込みで逆転勝ち。取組後は「いいんじゃないですか。また明日、集中して。一日一番、しっかりやるだけ」と表情を引き締めた。

 土俵下で審判長を務めた藤島親方(44=元大関武双山)は「押し込まれて(土俵際に)詰まっていた。でも、慌てなかったのはよかった」と話した。

最終更新:7月17日(日)20時11分

東スポWeb