ここから本文です

「GANTZ」「いぬやしき」の奥浩哉先生が原稿に墨をぶちまける ファンからも「あちゃー」と悲鳴

ねとらぼ 7月17日(日)16時36分配信

 GANTZなどの作品で知られる漫画家・奥浩哉先生が原稿に墨をぶちまけてしまったことを明かし、話題となっています。

【連載中の「いぬやしき」】

 現在、連載中の漫画「いぬやしき」に関連すると思われる原稿の画像をTwitterに投稿した奥先生。しかし「30数年ぶりに墨こぼした……」と本人がつづっている通り、原稿には墨染みが黒々と広がっています。

 ベテラン漫画家の思わぬミスに、ファンからは「あちゃー」の声が相次いだほか、「ホワイト(修正液を使用しての修正)でセーフに持ち込めますか?」などの質問が寄せられました。奥先生はこれらの質問に対し「(墨染みの範囲が広いので)アウトですね」と冷静に返答。別の紙に描きなおす必要があると明かしました。

 さらに一部のファンからは「(墨染みが)ギターを抱いたロッカーに見える」と、「ロールシャッハ・テスト(インクの染みの形から心理状態を探るテスト)」を連想させるコメントも寄せられています。

 夏コミに向けて原稿のラストスパートに励んでいる皆さん、原稿の汚しには本当に気を付けてください。

画像引用:奥浩哉公式Twitterより

(Kikka)

最終更新:7月17日(日)16時36分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]