ここから本文です

ワールドツアラーが初陣飾る 「乗りやすい」鞍上は操作性を評価

デイリースポーツ 7月17日(日)7時0分配信

 「新馬戦」(16日、福島)

 5番人気のワールドツアラー(牝2歳、父ウインクリューガー、母フィジークルーズ、美浦・和田道)が2番手追走から直線で抜け出して押し切った。

 木幡巧は「素直で乗りやすい馬。行ってくれとの指示でしたが、ゲートも二の脚も速くて脚もためられました」と操作性の高さを評価した。「半信半疑だったけれど走るね。今後もこれくらいの距離だろう」と和田道師。短距離路線を歩む見通しだ。

最終更新:7月17日(日)7時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ