ここから本文です

嘉手納、甲子園へ 美里工に11-3 県高校野球

琉球新報 7月17日(日)16時7分配信

 第98回全国高校野球選手権沖縄大会第11日は17日、沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、嘉手納が11―3で美里工を下し初優勝、甲子園出場を決めた。
 美里工は一回表、1死一、三塁の場面で4番大田浩二の適時打で先制点を奪うと、続く5番新垣嗣人がスクイズで2点目を追加した。嘉手納は同回裏にすぐさま反撃、4番知花拓哉の二塁打や、7番仲地玖礼の三塁打など打者11人の猛攻で6点を挙げて逆転した。七回には7番大城堅斗が3点本塁打を決め、美里工を突き放した。
 全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会は8月4日。試合は8月7日から始まる。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7月17日(日)16時7分

琉球新報